細川ガラシャがいた「勝龍寺城跡」・・・♪

歴史とロマンを秘めたお城が 京都府長岡京市勝竜寺に

あるのをご存じですか?

このお城は天正6年(1578)に明智光秀の娘玉(細川ガラシャ)が

細川忠興と2年間 幸福な新婚時代を過ごしたお城です。


しょうりゅうじじょう


JR長岡京駅東口から南へ10分位歩くとお城がみえます♪

歴史をさかのぼってみると・・・

からす


室町時代の初めに弓の名手 細川頼春(よりはる)が南朝方に

備えるために建てられた城です。

応仁の乱では西軍の畠山義就が修築しています。


もん


天正元年(1573)織田信長が室町幕府を滅ぼすと 勝龍寺城は

細川藤孝(ふじたか)に与えられた。


とう


細川藤孝は本能寺の変のち幽斎玄旨(げんし)と称し千利休に

茶を学び奥儀を極めた方です。


へい


明智光秀の娘である玉(細川ガラシャ)は16歳の時 織田信長のすすめで 

乙訓一帯を支配していた勝龍寺城主細川藤孝の長子忠興のもとにきました。


ぞう


しかし父明智光秀がむほんを起こし 織田信長を倒すという大事件

「本能寺の変」が起こりました。


こい


その後 天正10年の山崎の合戦で豊臣秀吉の大軍に攻められて落城しました。

このことにより 玉は生まれたばかりの子供からも引き離され

丹後の山里に約2年間幽閉されました。


にわ


その後 幽閉を解かれて大坂城下玉造の細川家屋敷に住むようになってからも

側室おりょうの存在を知ったりさまざまな困難があるなかで

彼女は心の平安をキリスト教に求めて熱心に信仰し洗礼を受けました。


じょうへき


「ガラシャ」は日本語で「恵み」という意味です。

豊臣秀吉の死後 徳川家康と石田三成の対立では 三成はガラシャに

人質になるよう強要しました。


さくら


彼女はこれを拒否し 屋敷に火をかけて最期を遂げました。

慶長5年(1600)7月17日。38歳の生涯でありました。


がらしゃ


細川忠興・ガラシャ夫妻にちなんだ「長岡京ガラシャ祭」が毎年秋に開催され

メイン会場になっています。


人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 押してね♪
応援バナー押してくださいませ♪


読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー