石の寺とよばれる「正法寺」・・・♪

石の庭と呼ばれている「正法寺(しょうぼうじ)」が

京都市西京区大原野の大原神社の南側にあります。


あかとうろう


大原野は筍の産地で有名で 竹林や田畑が広がるのどかな所です。

赤い欄干の「極楽橋」が印象的なきれいな風景が広がっています。


ごくらくはし


その昔の平安貴族らの遊猟地として華やかな地域であったようです。

正法寺の見どころは 枯山水の庭園と春の桜と秋の紅葉はすばらしい

と云われています。


しょうほうじ


説明によると・・・

天平勝宝6年(754)中国から渡来した 智威大徳が

隠棲した所で そのあとを最澄が「大原寺」の名で寺としました。

奈良に都があった平城京のころからあった古いお寺なんですね。


いし


応仁の乱の戦火で焼失しましたが正法寺として再興され 徳川綱吉の母

桂昌院の帰依を受けて 徳川家代々の祈願所となりました。


たほうとう


花の色が無い冬の季節は 朱色が艶やかな二重塔が特に

美しく見えます。

この二重塔は「遍照塔」と云い 京都東山の高台寺に

日清・日露戦争の死者を慰霊するため忠魂堂として建立された塔です。


へんしょうとう


「忠魂堂」は明治41年(1908)に 東本願寺・菊の門を設計するなど

明治・大正期の社寺建築に貢献した亀岡末吉の初期の作品です。 


ちゅうこんどう



高台寺の境内整備に伴って撤去が決ましたが 泉涌寺の上村貞郎長老が

「壊すのは惜しい」と正法寺への移築を仲立ちした。(京都新聞より)



つばめ


正法寺の手前にある春日不動尊堂です。


かすがふどうそん


大日如来のお使い役として 悪魔降服の任を担ってこの世に

来られたのが不動明王です。


だいにちにょらい


正法寺には 動物の形をした石 200トンを集めた宝生苑があります。

重要文化財の三面千手観音像がある。年間を通し行事が行われている。


もん


正規の山門はこちらですが閉じられています。

通用門から入ります。


つうようもん


隣接する春日不動尊の堂へは、寺の境内からも直接行けます。

桜の季節には間違いなく 美しい景色がみられるスポットです。


まつさくら


次は春にきて「宝生苑」と満開の桜を見たいと思います


人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 押してね♪
応援バナー押してくださいませ♪


読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー