京都国立近代美術館で「夢二とともに」・・・♪

京都国立近代美術館で展示中の「夢二とともに」のチケットを

貰ったのでみてきました。


ゆめじ


京都市左京区岡崎公園内にある 京都国立近代美術館は

昭和61年(1986)建築家 槇文彦(まき ふみひこ)による設計で建てられました。


こくりつきんだい


槇 文彦(昭和3年9月6日 - )は モダニズム建築の幕張メッセなどの

メタリックな作品で知られています。

ドラマ「協奏曲」で木村拓哉が設計した教会の舞台となった

「東京キリストの教会」も槇文彦です。

まえ


今年はAIAゴールドメダルを受賞されました。

アメリカ建築家協会(AIA)から優れた建築家に対して与えられる賞で

約100年に及ぶ歴史を持つすばらしい賞です。


みなみがわ


現役で活躍中なのでこれからの作品楽しみです。

京都国立近代美術館の3階から4階にあがる階段からの

岡崎と東山の景色です。


そすい


4階からみる平安神宮前の大鳥居と京都市立美術館です。


おおとりい


大鳥居は鉄筋コンクリート造で高さ24.2m・柱直径3.63m・笠木長さ33mは

下から見るより迫力があります。


今回の「夢二とともに」は竹久夢二の作品が展示されているだけ

と思って見学していたら「竹久夢二」とは違う絵が・・・?


ぽすたー


説明をみると「川西英コレクション収蔵記念展」となっています。

「川西英」は夢二より10歳若く美術学校へは行かず大好きな

夢二の絵を書き写していました。

美術学校で学ばなかった夢二も相通じ合うものがあり

二人の交流が育まれたようです。


いりぐち


夢二に強い憧れをもった「川西英」だけが手に入れることの

できた初公開の肉筆画6点もありました。

水彩画だけではなく 油彩画もあり「へぇ~」と新しい発見があり

良かったです。

記念展は12月25日(日曜日)までです


人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 押してね♪
応援バナー押してくださいませ♪


読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー