大正時代の洋館「アサヒビール大山崎山荘美術館」・・・♪

大坂と京都の細目にある阪急大山崎駅から北に15分程歩くと

「アサヒビール大山崎山荘美術館」があります。


せんろ


天王山の中腹に位置し、木津・宇治・桂川の三川を望む山に向かって歩きます。

山荘には駐車場がないので駅から歩くか途中までは送迎バスもあります。

途中にはちょっときつい坂道もあります。


やま


こちらの美術館は 大正から昭和初期にかけては加賀正太郎によって建築された

「大山崎山荘」(登録有形文化財)を本館と 建築家・安藤忠雄設計による

新館があります。


もん


加賀正太郎は日本人としてはじめて4000m峰のユングフラウ登頂に成功。

ヨーロッパの登山用具・装備を日本に紹介しました。


さんそう


また昭和9年大日本果汁(現ニッカウヰスキー)の創設にかかわった方です。

山荘は大正時代に木造で建てられたのち 昭和初期に増築されました。


あーち


欧州旅行より帰国した加賀がイギリスの炭鉱主の家を参考に設計した

といわれています。

本館では河井炻次郎・濱田庄司・バーナード・リーチの作品を中心に

古陶磁・家具・染色作品などを展示しています。


しんかん


美術館の為 建物内の写真が撮れないのが残念です。

大正期の洋館が好きな方には是非おすすめです。


へや


イギリスのハーフティンバー工法による建物で 構造は鉄筋コンクリート造

屋根部分には鉄骨組みがなされています。

加賀正太郎は「白雲楼」と呼ばれた塔屋をまず山側に建てています。


とう


この塔の上から加賀が工事を指揮したといわれております。

テラスはオープンカフェとして現在使われています。


さんじゅうとう


テラスから眺める天王山山麓の淀川の流れを見下ろす景色は

テムズ川を見下ろすウィンザー城の景色をイメージしたようです。


おとこやま


新館では印象派のクロード・モネの『睡蓮』の連作を展示しています。

他には年に数回の企画展や 地域と連携したイベントを随時開催されています。

約5500坪の敷地面積を有する庭園もゆっくりと散歩がでます♪


いけ


山荘の工事中に 文豪夏目漱石も山荘を訪れました。


あくたがわ


隣接する宝積寺を眺めながら「宝寺の隣に住んで桜哉」の句を

残しております。

つぎは秀吉の出世石がある宝積寺へ


人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 ポチありがとう♪
応援バナー人気ブログランキングを見る

読んでいただいてありがとう♪


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー