お好みのフランスワインをさがしましょ・・・♪

どちらのワインが好きですか?

と聞かれてもいつも出されたのを頂くだけなので分かりません。

少し前にフランスワインの飲み比べ会がありました。


ちらし


会費3000円で説明を聞きながら6本のワインを試飲。

これからお酒のことを学ぶ学生さんがメインです。

(お酒好きのおじさん・おばさんも参加してます。)


かいじょう



フランスは国土全体がワインの産地と言えるほどですね。

しかし育つ場所によって品質が異なるので微妙に味がかわるんです。



ふらんす


そう言われると当たり前のことですが 銘柄から覚えようとすると

難しいです。


びん


フランスの気候は全体に温暖ですが多様で 大別すると3つに

分けられます。

1、冬寒く夏暑い雨の少ないブルゴーニュー・アルザス・シャンパーニュ

2、冬は温和で夏暑く雨が多いボルドー・ロワール河下流

3、冬は温和で夏暑い地中海沿岸とコルシカ島

以上のように分けられるとそれだけで何となくわかったような

気になりますね。


ワイン


太陽がぶどうの色をつくるといわれ 一般に白ワインが北で、

赤ワインは南で作られることが多いです。


じゃむ


ぶどうを育て熟させるには年間平均気温は高くないといけません。

土壌は水はけがよく 根のところで水がたまらない土です。

良いぶどう畑は南東の丘や小川の斜面に位置してることが大切なようです。


さんど


説明してる方は毎晩ご夫婦で1本飲んでいらっしゃるようですが

選ぶ最後のポイントは生産者のようです。


3しゅ


ワインと料理の関係は決まったルールはありませんが風味の

バランスとしての目安は「ワインの色」と「料理の色」を合わすと

分かりやすいです。


すぱ


赤はシチューや照り焼きや醤油味にも。

ロゼの辛口は鶏肉の炒め物や揚げ物で 甘口はローストやソテーにトマトソース。


べーこん


白のイエローは鶏肉のバター焼き グリーンはサラダ風味 

ライトグリーンはワサビを添えたお刺身など


すし


これなら深く考えずにすみますね。

本日のオードブル50人分の買い物も料理も全て1人でされたので

すごく大変だったようです。


あぼがど


お酒があまり飲めない私は 最初に飲んだスパークリングが

おいしかったです(o^_^o)

散々ぶどうの話を聞いていたのに原料は「りんご」でした!(>▽<)



人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 ポチありがとう♪
応援バナー人気ブログランキングを見る

読んでいただいてありがとう♪


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー