歴史的自然環境保全地域の常照皇寺・・・♪

栂ノ尾高山寺から常照皇寺に向かいました。

かつて若狭の海産物を京の都に運んだ鯖街道があります。

周山 京見峠を経て鷹峯にいたる「周山街道」は西の鯖街道ともいわれます。

と、いう事でランチは「さばの味噌煮定食」です。(850円)


さば


新鮮な魚が入りにくかった京都では 若狭からもたらされる

塩ものの鯖は貴重な海の幸でした。


常照皇寺(じょうしょうこうじ)は坂道の参道と長い石段が続きます。


もん


紅葉を楽しむにはには少し早かったようです。

しかし赤い落ち葉がいっぱいです。

総門から庫裡までは なだらかな石段です。


いけ


庫裡へ入り上ると方丈から開山堂へといけます。

臨済宗天龍寺派の寺院で開山650年です。


ちょくしもん


光厳上皇が出家した後 貞治元年(1362)この地を訪れて庵を結んだのに始まります。


とら


鴨居の位置に釈迦如来立像が祀られています。


しゃかにょらい


通常のお寺ではあまり見られない光景です。


常照皇寺は京北の桜の名所の一つで国の天然記念物に指定された

「九重桜」があります。


さくら


桜は、元弘3年(1333)光厳天皇が 手植えしたのが最初と伝えられます。

ほかにも御所から株分けされたといわれる山桜の「左近の桜」

一重と八重が一枝に咲く「御車返し(みくるまがえし)の桜」など

桜の名木が複数あります。


みくるまかえし



「御車返し」とは、後水尾天皇が桜の美しさの余り 御所車を戻して

見たことによります。


いしづみ



方丈の背後の裏山斜面に多数の石組を積み重ねた庭が造られています。

この裏山には「旧光厳法皇 巡遊路」があり 光厳上皇が歩いたという

約1キロ程度の自然散策路が整備されていています。


かいざんどう


出だしから急な斜面だったのですぐにあきらめました。

舎利殿や開山堂には 多数の仏像と位牌が納められています。


かいざんどう


方丈をお詣りしてからお庭に下りて 自然散策ができるようになっています。


歩きやすい靴で来られることを おすすめします


人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 ポチありがとう♪
応援バナー人気ブログランキングを見る

読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー