千体仏塔がある壬生寺・・・♪

仏光寺通と坊城通の角に壬生寺があります。

仏光寺通の南門からは千体仏塔がよくみえます。


せんたいぶつぞう


千体仏塔はまだ新しく 平成元年(1988)に建立されたものです。

この塔の石仏は明治時代 京都市の区画整理の際に各地から集められたものです。


せんたい


室町時代からの阿弥陀如来像や地蔵菩薩像などを丁度1000体

ミャンマーのパゴダ風に円錐形で安置されています。


壬生寺は平安時代 三井寺の僧がこの地に地蔵菩薩を安置して

堂を建てたのが興りです。


ほんどう


壬生寺本堂は昭和37年7月25日に放火で全焼し 重文像などが焼失したようです。

8年後に現在の本堂が再建されました。


かつて新選組の兵法調練場だったことから 境内の壬生塚には

近藤勇の胸像や新選組隊士の供養塔・芹沢鴨ら隊士の墓などが佇んでいます。


もん



大砲訓練などによる音や振動の被害は甚大で 住職は新選組へ中止を申し出て

その後訓練の場は西本願寺になったということです。


みんか



阿弥陀堂は平成14年(2002)の再建です。

阿弥陀如来三尊像(阿弥陀・観音・勢至)が安置されています。


あみだどう


この阿弥陀堂の奥に 壬生塚(新選組隊士墓所)があります。

毎年春・秋と節分に行われる国の重要無形民俗文化財「壬生狂言」が有名で

今年は10月8日~10日に行われていました。


水掛地蔵堂です。


みずかけじぞう


このお堂の地蔵菩薩(石仏)は江戸時代中期の作で「水掛地蔵」と呼ばれ

水を掛けて祈ると 一つの願いが叶うと信じられています。


弁天堂は明治27年(1894)の再建で 本尊の秘佛・辧財天は

清水寺の延命院より移されたものです。


べんざいてん


子孫繁栄 ・金運上昇のご利益があります。


夜泣き地蔵は病気平癒や 幼児の夜泣き止めに ご利益があると言われています。


よなき


一夜天神堂は菅原道真が流罪になった時に この壬生の地を訪れ 

一夜をあかしたという故事に由来しています。


いちやてんじん


菅原道真といえば 学業上達のご利益ですね。

一夜天神は「一夜にして知恵を授かる」として 学業上達のご利益が

あらたかであるようです~ ≧(´▽`)≦


ようじ


とても広い境内には老人ホームも建てられ 幼児と共に開放された

集いの場となっています


人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 ポチありがとう♪
応援バナー人気ブログランキングを見る

読んでいただいてありがとう♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー