沈む太陽を眺めて「日想観」・・・♪

幕末維新ミュージアムの横の 坂道を登ると左手に急な

石の階段が見えてきます。


さか



霊山正法寺(しょうぼうじ)の参道入り口でここから115段の

階段を登ります。


かいだん


延暦年間(728~805)最澄が開創し霊山寺と号したと伝えられます。

元久年間(1204~1206)法然上人がここを法然念仏の道場としたようです。


うけつけ


応仁の乱などで荒廃したのち現在は本堂(旧歯仏阿弥陀堂)

などが残るだけになっています。


ほんどう


古くから京洛眺望の名所で 市街地の眺めは素晴らしいところです。


以前「夕陽を観る会」に参加した時には残念ながら雨だったので

西に沈む夕陽が見られませんでした。


らんま


しかしこちらでは三十弦の筝(琴)をあやつる朝倉彩さんの演奏を

目前で聞くことができ感動しました。


がくぶち


その正法寺で声明「日想観」があるとのことで綺麗な夕日を

期待して参加しました。


京都文化イベント絵巻が後援しています。


ゆうひ


僧侶有志による「声明」と朝倉さんの多弦箏・元井さんのチェロ

による「夕陽の祈り」の演奏です。


そうりょ


参加費2000円は全て西日本大震災への義援金として被災地に

届けられますので多くの方がこられてました。


ゆうひ


この時のお話では こちらのお寺には中世当時は清水寺のような

舞台があったようです。


そうりょ


「日想観」は西方に沈む太陽の彼方に浄土を観し 極楽浄土を喜びしたう

ことに起源します。


きょうとたわー



難しいことは抜きにして 夕陽がきれいです\( ̄▽ ̄)/

陽が沈むと 京都タワーの光がはっきりと浮かびあがってきます。


えんそう


声明の後 闇夜の中で三十弦箏とチェロの演奏会です♪



こと



平和への願いを込めて 声明による幽玄な祈りと 

三十弦の音色が響きます・・・



ぶたい



闇夜で聞く演奏会は広がりがあってイイものですね



人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 ポチありがとう♪
応援バナー人気ブログランキングを見る

読んでいただいてありがとう♪



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー