寺田屋からご利益のある弁財天・・・♪

油掛通にある西岸寺から蓬莱橋にかけて南北にのびる

竜馬通り商店街があります。


りょうまどうり


寺田屋で襲撃された龍馬は この商店街のあたりを駆け抜けたと

いわれています。


かけぬけ


酒蔵をイメージした通りで龍馬や幕末グッズのお土産物があります。


ここを西に曲がると もと船宿の寺田屋があります。


てらだや


江戸時代はここから大坂八軒屋まで 淀川を上下する船旅の

お客様で賑わったようです。


てらだや


ここでは尊王攘夷派の 有馬新七らの薩摩藩士が会合していた時に

同じ薩摩藩の島津久光が差し向けた藩士らと 同士討ちという

悲劇が起こりました。


ひ


もう一つの大きな事件は 慶応2年(1866)薩長同盟を成し遂げた龍馬が

長州藩の三吉慎蔵と一緒に寺田屋の二階の一室に居ました。


龍馬の所在を探知した伏見奉行所では寺田屋を100名ほどが囲みます。


ひなん


この異変に最初に気づいたのは、後に龍馬の妻になったお龍でした。

現在の建物は再建された建物です。

寺田屋のとなりにある庭の 寺田屋騒動記念碑と坂本龍馬像があります。


ざいもくや


十石舟は 伏見夢工房が運航する遊覧船です。


じゅっこく


濠川の月桂冠大倉記念館裏の 弁天橋から発着します。

かつて江戸時代に旅人や物資の運搬で栄えた舟が遊覧船として再現されています。


かわ


濠川(ほりかわ)の風景です。かつては、伏見城の外堀でした。

濠川越しの月桂冠の酒蔵です。


げっけいかん


長建寺の竜宮造の山門です。


りゅうぐう


かつての鐘楼が おもしろい形に変わっています。


おみくじ


昔は 三十石船に時を知らせていましたが 太平洋戦争で供出され 

大砲の一部になりました。


さんもんげいふく


今はこのお寺にしかない有名な「みくじ舎」となりました。


長建寺の本堂です。京都で唯一 弁財天がご本尊です。


べんざいてん


遊郭で働く遊女の技芸上達の神として信仰を集めました。

「門を潜るだけでも福がくる」すてきなお寺です~ ≧(´▽`)≦


伏見の名水に挙げられている「閼伽水」が弁財天堂の傍にあります。


あかのみず


良質の水に恵まれて美味しいお酒ができるんですね



人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしくお願いしますネ♪
1日1回 ポチありがとう♪
応援バナー人気ブログランキングを見る

読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー