春日大社の灯籠・・・♪

春日大社は春日山の麓に藤原不比等が藤原氏の氏神とされる

武甕槌命(たけみかづちのみこと)を鹿島から勧請し

平城京鎮護のために祀ったのが始まりです。

武甕槌命は白い鹿に乗り現れ 以来、奈良の鹿は保護されています。

都が京に移ったのちも大いに栄え 信仰は全国に広まりました。

一之鳥居からすぐにある馬出橋です。


はし



萬葉植物園前にかけての表参道は馬場で若宮おん祭の競馬はここから出走します。

境内は広く 本社には一の鳥居から1300mもあります。

沿道に立ち並ぶ石灯籠は 多くの方が奉納したものです。


とうろう


節分とお盆におこなわれる"万燈籠"は約3000基あるすべての灯籠に

火が灯されとても幻想的で美しいそうです。


車舎(くるまやどり)は古い時代の車庫で春日祭や御幸の際

牛車などの乗物を入れた建物だと伝えられています。


くるまやどり


二之鳥居は一之鳥居より1200mのとこにやっと現れます。


にのとりい


平安末期の創建でこの鳥居をくぐればいよいよ神域です。



二の鳥居の前にある大坂白鹿社 手水になっています。


てあらい


南門は春日大社正面の楼門です。


みなみもん


表参道を歩いて回廊内に入る時に潜る門で 春日大社最大の門です。


南門をくぐると正面にある幣殿と舞殿です。


へいでん


「拝殿」と勘違いしました。

幣殿は天皇陛下のお供え物である 御幣物を一旦納める建物です。

砂ずりの藤は5月初旬頃に花房が1m以上にも延び 砂にすれる

ということからこの呼名があるようです。綺麗でしょうね♪


すなずり


直会殿(なおらいでん)は重要文化財です。


とうろう


平安期以降ここで法華八講が盛大に行なわれたので

「八講屋」の呼称もあります。


かいろう


この景色をみるとやっと春日大社に来たって感じがします。


とりい


伏見稲荷の千本鳥居を思い出してしまいます。


さか


春日大社は一日かけないと全部は見られないくらい広いです。

京都もいいけど奈良もいいなぁ♪


しか


鹿もいて現実から離れた神苑でした


人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしくお願いしますネ♪
1日1回 ポチありがとう♪
応援バナー人気ブログランキングを見る

読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー