鹿苑で伝統行事の「鹿の角きり」・・・♪

鹿ってかわいいですね・・・♪


しか


今日は珍しく京都ではなくて奈良情報です。

以前から一度は見てみたいなぁ~。っと思っていた

"鹿の角きり"にやっとこれました。\( ̄▽ ̄)/


かんばん



鹿の角は 春ごろ短い毛が密集した柔らかい袋角とよばれるはえだします。

夏ごろまで枝を増やしながら急速に伸びてきます。


つの


そして角の根から血流が止まり 硬い角が完成します。

年が明けた早春のころに 角は根元から落角します。


しか


鹿の角きりは発情期で気の荒だった角鹿が人に危害を与えたり

互いに突きあって死傷することが多かったため1671年に

興福寺が奈良奉行の立会いのもとで始められたようです。


つの


JR奈良駅よりバスで春日大社表参道まで行き会場の

鹿苑へいきました。

バスで10分位の距離なのに道がとても込み合っていて

40分もかかりました。


さんどう


歩いた方が速かったかもです。

鹿苑にもすぐに入れるのかと思っていたら1時間待ちでした。

1回30分で700人づつ進みます。

あまりに退屈なので空の写真を撮ってみました。


そら


夏が戻って来た様な日ざしで暑いです。

入場料金は1000円です。このお金は「人と鹿」が共生するうえで

保護する為の協賛金になります。


いりぐち


事故や妊娠などで一時的に収容する鹿の飼育料になります。



和太鼓の音頭とともに3頭の鹿が会場に現れました。


しか3


とても速くビュンビュン走っています。

次に勢子(せこ)と呼ばれる鉢巻きにはっぴ姿の男たちが

20人入ってきます。思った以上に多いことにびっくりです。


せこ


十字と呼ばれる道具で鹿の角に縄を引っかけて捕獲します。


ほかく


荒々しく見えますが鹿が怪我をしない様十分に配慮されています。


ほかく


勢子も鹿と一緒にダッシュしないといけまん。


ほかく


鹿も必死なので後ろ脚に蹴られないように近づきます。


ほかく



ゴザと枕が置かれます。


ござ


ゴザと枕の上に運ばれて神職役が 抵抗する鹿の気を静めるために

清めた水を飲ませます。


かっと


そして 頭が動かない様にしっかり押さえ角をのこぎりで

切り落とします。


かっと


切られた角は、神前に供えられます。


つの


今の時期の硬い角は 人間が爪を切るのと同じで

痛くないようです。


はなす


一頭の角を切っている間は鹿が入って来ないように紅白幕をはります。


まく


角をカットする場所を3か所にわけ 観客によく見えるように

されてました。

舞台裏です。繰り返し行われるのでかなりお疲れ模様です。


うら


急に頭が軽くなった鹿の気持ちはどんなんでしょうか?

解説付きでよくわかりよかったです


人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしくお願いしますネ♪
1日1回 ポチありがとう♪
応援バナー人気ブログランキングを見る

読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー