鹿王院のお庭と本殿・・・♪

京都市の名勝に指定されている鹿王院舎利殿庭園です。


しゃりでんまえ


舎利殿庭園は嵐山を借景とした庭園で 地面は苔で覆われています。

三尊石などを配し 石組と植え込みを配した平庭式枯山水庭園です。


ほんどうから


客殿には足利三代将軍 義満自筆の「鹿王院」の額が掲げられています。


へんがく


舎利殿には鎌倉将軍の源実朝公が宋の国より招来した

「仏牙舎利」が多宝塔に安置されて祀られています。

毎年10月15日には「仏牙舎利」の御開帳があります。


しゃりでん


松の枝振りも絶妙に伸びています♪


まつ


客殿から本殿には渡り廊下を通って行きます。


ろうか



廊下横に見えるのが本堂(開山堂)で延宝4年(1676)の建立です。


ほんでんへ


本尊釈迦如来坐像を安置する仏殿であるとともに

開山春屋妙葩(しゅんおくみょうは)の塔所でもあります。


本堂には運慶作と言われる「釈迦如来並びに十大弟子像」があります。


しゃかにょらい


運慶は鎌倉新様式を築いた仏師で作品に東大寺南大門の

金剛力士像などがあります。


開基の「足利義満像」です。


よしみつ


世界遺産でもある金閣寺(鹿苑寺)を建てたことで有名です。

何故 義満が鹿王院を建てたか・・・・それは

  足利義満はある夜夢告を受けました。

  「そなたは今年中に大患をわずらうが、宝幢菩薩を祀る伽藍を
   建立すれば寿命が延びるであろう・・・」

そのため寿命を延ばすことを祈って鹿王院を建てました。



開山普明国師が祀られています。


ふめいこくし


普明国師は日明貿易を行う際に幕府の外交顧問にもなりました。

他にもいっぱい宝物がありました。


つくばい



拝観料は300円です。嵐電の一日切符を持っていたら270円です♪

見どころが多くて お得感がありました(o^_^o)


まつ


この鹿王院は天龍寺周辺や小倉山周辺があまりにも有名な為に

「穴場」になってるお寺です~


人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしくお願いしますネ♪
1日1回 ポチありがとう♪
応援バナー人気ブログランキングを見る

読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー