蚕の社の三柱鳥居・・・♪

嵐電蚕の社駅を降りて北に歩くと森のように巨樹が

生茂っている一帯がみえます。


もり


京都市の史跡に指定された"木島坐天照御魂神社"です。

"このしまにますあまてるみたまじんじゃ"と読みます。


このしま


あまりにも長いので覚えられません!

略して「木島神社」or「蚕の社(かいこのやしろ)」と呼んでいます。


けいだい


蚕ノ社の建立は7世紀頃で このあたりは渡来人の秦氏の勢力地です。

この蚕の社も養蚕の技術を持っていた秦氏が養蚕と織物の神を

奉った神社と言われています。


かいこの


「続日本紀」大宝元年(701)4月3日の条に 神社名が記載されています。

昔からある雰囲気が感じられます。


いなり


こちらには奇妙な三本足の鳥居「三柱鳥居」があります。


とりい


この鳥居が見たくて来てみました。

竹塀で囲まれて そばまでは行けないようになっています。


たけべい


柵の間から覗いて 写真を撮られていたのがわかります。

石柱が三角形に組み立てられています。


さんはしらとりい


ちょっとズームで寄ってみます♪

これを鳥居と呼んでよいのでしょうか?


かみくら


説明書きには 中央の組石はご祭神の神座(かみくら)であり

宇宙の中心を表しています。神座というのは神が降臨する場所ですね。


いけ


「元糺の池」ですが水はありませんでした。

やぶ蚊が多いのでゆっくりすることは無理です。

境内の奥まった所にあり周りは樹木で覆われ不気味な空気が漂ってました。


き


ふわふわ飛んでるアゲハチョウまで不気味にみえました。

一目みてナットク



人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしくお願いしますネ♪
1日1回 ポチありがとう♪
応援バナー人気ブログランキングを見る

読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー