百獣の楽園 美術にすむ動物たち・・・♪

京都国立博物館 特別展示館で 開催されている 
 
百獣の楽園 美術にすむ動物たちを 見てきました。

描かれている 動物や虫を探しながら 見るだけでも楽しくて

とても 良かったです♪


こくりつはくぶつかん


時代背景や 作者のことを知らなくても 気楽に古美術に親しめます。

作品は 動物ごとに並べてあるので とても見やすいです。

動物だけではなく 虫や霊獣もいて 20種類に わけられています。


はくぶつかん


動物が大好きで もちろん写真撮影もできないので

じっくり見ていたら 2時間ほどかかりました。


ひゃくじゅうのらくえん


時代によって 描かれる種類がかわり 人の動物に対する

考え方が 伝わってきます。

今回の展示品が 掲載されている 本も買っちゃいました。


ほん


鎌倉時代と室町時代に描かれた「仏涅槃図」にネコが描かれて

いるのは 室町時代からのもので このころから 家ネコが

が可愛がられて いたかと思うと とても興味ぶかいです。


ネコは平安時代には 貴重な舶来愛玩動物で 逃げないように

紐でつないで飼われていたようです。


徳川家康所要の「陣羽織」にはヘビ・サソリ・ヤモリ・ムカデ・ヒキガエル

が 描かれています。


じんばおり


見たときは 気持ちワル~ と思いましたが 説明を読むと

5月5日の端午の節句に着ると 毒を制し一年を健やかに

過ごせるとのことで 納得の模様です。


ヨモギとショウブをくわえた 虎がかわいいです。


昔はトラやヒョウ・ライオンなどは毛皮やインドから伝わってくる

作品をみて想像で 描かれていると思うと関心してしまいます。


とら


鬼を退治して皇帝の病を治した「鍾馗(しょうき)」強さのを表した絵の

ビックリした表情のトラが ネコぽく見えるのが イイです。


今のように 映像がいっぱいある中とは違う世界で

描かれたものです。



京都市動物園との 協力事業が行われています。

京都市動物園においては 展示品に出てくる作品の画像と

解説を動物舎及び動物図書館に パネル展示されています。


8月28日までです



人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしくお願いしますネ♪
1日1回 ポチありがとう♪
応援バナー人気ブログランキングを見る

読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー