一休寺で京田辺市茶まつりがありました♪

皆さま、こんにちわはー。雨もやみ気温22度の爽やか京都からです。

お茶と言えば京都の宇治茶が有名ですよね!

宇治茶だけではなく京田辺の玉露は、玉露部門一等一席(農林水産大臣賞)受賞

茶祭り入り口


良質なお茶が出来る地域に贈られる産地賞も、11回受賞

ほんまもんの玉露として評価されています・・・(京都生まれの私 知りませんでした!(>▽<);; )

一休さん


酬恩庵(一休寺) (しゅおんあん(いっきゅうじ))
料金 : 大人:500円   に行ってきました。

10月1日の「お茶の日」にちなみ、玉露の産地で知られる京田辺市で茶まつり

茶の手もみの実演、玉露の無料接待 、一煎パックのプレゼント、おいしいお茶の淹れ方教室もあります。

お茶の入れ方


春になり、新芽が出ると茶園に菰(こも)=わら、寒冷紗(かんれい‐しゃ)=カーテン で覆いをし、

光を遮光し約40日間かけてゆっくりと大地の成分を茶葉に吸い上げさせる。

 ☆ 天然の旨味成分が含まれる京田辺玉露のできあり\( ̄▽ ̄)/ ☆

手間隙かけて作られることにより、渋み成分のタンニンが少なく、

甘味成分のテアニンが多く含まれた京田辺特有の玉露!

閑散な茶祭り


「まったり」表現がピッタリの甘みが多く、喉ごしが良いのが特徴の京田辺玉露!

リラックス効果を与える、テアニンが多く、アミノ酸の量も、No1です。

普通の煎茶より多くテアニンが含まれ、カテキンやカフェインもある玉露は、

脳障害を妨げる可能性がある。ので、毎日飲んらボケ防止になるかもです。

テアニンには、心を落ち着けるリラックス効果があるといわれ、精神を落ち着かせます!

玉露の旨味を十分引き出すには、ゆっくりと時間を掛けて淹れるのがコツです。

茶碗で約50度まで下げ、茶葉が浸る程度いれ、約2分間静かに待つ
二煎目以降は少しずつ時間を短くしながら同じ温度で淹れると、

四煎目ぐらいまで美味しく飲むことが出来ます。

試飲会


夏は暑くて温かいお茶はちょっと・・・という方

ビタミン豊富な玉露を水出しで。茶葉10gに、ミネラルウォーター60ccを注ぎ、約10分で水出し玉露

淹れた後の茶殻に、胡麻を掛け、ポン酢や醤油を数滴たらせば玉露おひたしの完成です。


丁寧に育てられた京田辺玉露は、最後の一葉まで美味しくいただけます。

閑静な参道


綺麗な枯山水庭園がある一休寺は明日のブログでご紹介しますね

人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしくお願いしますネ♪

応援バナー人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー