東福寺の通天橋から開山堂へ・・・♪

昨日のつづきで東福寺の方丈を出た所からです。


うけつけ


こちらから通天橋を通って開山堂に向かいます。

洗玉澗(せんぎょくかん)の緑がきれいです。


みどり


橋を通ると真夏にはありがたい、気持ちのよい風が感じられます。


つうてん


通天橋は1380(天授6)年、春屋妙葩(しゅんおくみょう)が谷を渡る

労苦から僧を救うため架けられたそうです。


かえるまた


春屋妙葩は足利義満の政治的顧問の立場にあり、相国寺建立に協力した方です。

その後何度も架け替えられたそうで

現在のものは、1959(昭和34)年、台風によって倒壊したものを

1961(昭和36)年、再建したものです。


ろうきょう


この橋も今年で50年も経っているんですね。

11月にはこの橋が満員電車に乗ってる位の人出になります。


洗玉澗一帯にある楓は通天紅葉と呼ばれています。

開山の聖一国師(しょういちこくし)が宋国より伝えたとされています。


ろうきょう


葉は三つに分かれる三つ葉楓で、2000本位あるようです。


この長い廊橋は天国への道を歩いているような気分になります。


開山堂からみた通天橋の景色もいいです。


かいざんいりぐち


開山堂と普門院がある入り口が見えてきます。

入ると正面に屋上に閣がある開山堂が見えます。


かいざんどう


この楼閣のある形の建物が好きです♪

開山堂には聖一国師(しょういちこくし)が祀られています。


おどう


開山堂のお庭は5月ごろに来ると池泉式庭園のサツキが綺麗だと思います。


さつき


普門院の前の枯山水のお庭を眺めながら皆さんが休憩する所です。


ふもんいん


紅葉の季節では考えられないのんびりした様子です。

枯山水は約100坪あるそうで市松模様がきれいです。

めいてい


見てるだけで心が整ってくる不思議なお庭です。

江戸中期の代表的な名園とされています。



人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしくお願いしますネ♪
1日1回 ポチありがとう♪
応援バナー人気ブログランキングを見る

読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー