祇園祭り山鉾の会所めぐり・・・♪

今年の17日の山鉾巡行で長刀鉾につづく山1番は

霰天神山」です。


あられてんじん


くじ取り式は7月2日に市役所で行われました。

くじ取らずの8基を除いては毎年くじ引きで順番を決めます。


あられてんじん


「霰天神山」の云われは京都に大火があったとき

霰とともに 3センチ位の小さな天神が降って鎮火

したと云われてます。


あられどうかけ


多くの山鉾が焼けた天明、元治の大火にもこの山だけは残り

町の誇りになっています。

火除けのお守りが授与されています。

あられけんしょうひん


前掛けは叙事詩「イリアス」より「ヘクトルと妻子との別れ」です。



今年の北観音山と南観音山の「松選び」は北観音山に

軍配が上がりました。

きたかんのん


幹までまっすぐのびている、いい松が選べたそうです。


南観音山は「あばれ観音」という珍しい行事を行います。


みなみかんのん


16日の夜中に日和神楽から戻った囃子方が本尊の

「楊柳観音」を台座にぐるぐる巻きにして山の周りと

町内を激しく担ぎ回ります。

私はテレビでしか見たことがありせん。


江戸時代この辺りは三井両替店や伊藤呉服店があり裕福な

町内であったようです。

びょうぶかざり


ウナギの寝床といわれる玄関ら奥に長い町屋に屏風が飾られています。


びょうぶ



豊臣秀吉が入洛の時に常宿としていた伊藤道光邸が

あった三条町に「八幡山」があります。


やちまんやま


普段は会所の庭に祀られてる八幡宮を勧請して巡行します。



はちまんぐう



巡行の時に鳥居に止まるは左甚五郎作です。


はと


鯉山の鯉も左甚五郎作です。


こいやま


こちらは大きくて立派でした。木造ですが青銅のように見えます。

鯉山は昔、龍門の滝山と呼ばれていました。


とうりゅうもん

鯉がここを登りぎると龍になります。

「登龍門」は難関突破・立身出世といった意味があります。


重要文化財に指定されているギリシャ神話のタペストリーもGoodです


strong>人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしくお願いしますネ♪
1日1回 ポチありがとう♪
応援バナー人気ブログランキングを見る

読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー