鉾や山の解説・・・♪

祇園祭りの巡行している山と鉾は全部で32基参加しています。

それぞれの御神体や懸装品に特徴やいわれがあるので

少しでも覚えておくと見ていても楽しいです。


鉾は7基、傘鉾2基、曳山(ひきやま)3基、山20基あります。

いわとやま
  ★曳山 明治に作られた岩戸山の模型


鉾の特徴は約25メートルの真木に支えられた鉾頭があります。

こちらの「放下鉾」の鉾頭は日・月・星の三光が下界を照らしています。

ほうか

その形が州浜に似ているので「州浜鉾」とも呼ばれています。

真木の真ん中に付いている榊の形が半円形です。


「放下」とは禅の言葉で無心の境地となって執着しないことを言います。

昔、曲芸をして仏法を説く放下僧がいて人気者だったそうです。


放下鉾は、くじ取らずの鉾で、決まって21番目に巡行します。

巡行の時は稚児人形「三光丸」が稚児の舞を披露します。


山は山岳信仰に基づいて山を表す真松が立てられています。

(太子山は真杉です。)

巡行までは御神体や懸装品は会所に飾ってます。

うらでやま
   ★占出山  安産のお守りがあります


会所では真近でみれますが御神体は隠れるように祀ってます。

重要文化財の「杉本家」の間口に祀られているのは「伯牙山」です。

すぎもと



琴の名人・伯牙が自分の良き理解者の友達が死んでしまい

悲しみのあまり、琴の弦を斧で断ってしまった。

はくが


と、言う中国の故事に基づいて造られています。


みずひき



懸装品は中国風に統一されています。

山鉾が立ってる近くに会所があるのでそこを覘いて

回るのも楽しいですよ


strong>人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしくお願いしますネ♪
1日1回 ポチありがとう♪
応援バナー人気ブログランキングを見る

読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー