哲学の道あたりから安楽寺へ・・・♪

日本の道百選にも選ばれている「哲学の道」界隈を

歩いてきました。


「哲学の道」は東山山麓の若王子橋から銀閣寺橋までの

約1.5キロの小道です。

てつがくのみち


道に沿って琵琶湖疏水分線がゆるやかに流れています。

6月にはゲンジボタルが飛び交うそうですが

夜は来たことがないのでまだ見たことがありません。


どうして「哲学の道」というのかは

京都大学の有名な哲学者の

西田幾多郎が、この道を好んで散策し、

思索にふけることを日課にしていたからです。


みちしるべ


「哲学の道」からすこし東側へ行くと新緑に囲まれた

銀閣寺までの散策コースがあります。

わかりにくいので観光客の方は少ないです。


こちらは谷の御所と呼ばれる「霊鑑寺」です。

れいかんじ


こちらは通常非公開です。

春(椿)と秋(紅葉)に特別拝観が行われます。

江戸時代初期の作庭があります。


明治維新まで皇女が入寺されたため御所人形

貝あわせ等、宮家ゆかりの宝物が多く保管されているそうです。


北に向かって歩いて行くと「安楽寺」があります。

あんらくじ


こちらも7月25日のかぼちゃ供養の時や、

桜、つつじ、サツキなどの花の咲く頃、

紅葉の頃などに特別公開されますが、通常は非公開です。

にわ


かぼちゃ供養は毎年7月25日に行われます。


中風除けに鹿ケ谷かぼちゃがふるまわれ、寺宝が一般公開されます。


江戸時代に安楽寺の真空上人が、夏の土用にかぼちゃを供養すれば

病から逃れることができる。

との夢のお告げを受けたことが始まりのようです(o^_^o)


いしだたみ

この辺りは東山の麓でとても空気がイイ感じです♪

どんどん北に向いて歩いていきます。

つづきは明日のブログでね



人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしくお願いしますネ♪
1日1回 ポチありがとう♪
応援バナー人気ブログランキングを見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー