気になる建物「有鄰館」・・・♪

岡崎の仁王門通の疎水沿いを歩いてて

ふと、上を見上げたら何やらチャイナっぽい風景が

見えてきました。

ゆうりんかん


何回も通ってる道なのに何故今まで気づかなかったのでしょうか?

不思議です。この辺りは景色がイイので目移りします。

いつもは向かい側の疎水ばかりを眺めていました~(^v^)/ 

そすい


チャイナっぽい建物は「有鄰館」と書いてありましたが

門も閉まっていて何が展示してあるのかは分かりません。

もんしまってる

八角堂も門構えも立派だったので帰ってから調べました。

もんあっぷ


・・・有鄰館について・・・

http://www.yurinkan-museum.jp/   より

  中国古材の朱塗りの八角堂をいただく有鄰館は、

  大正15年(1926年)に、滋賀県出身の藤井善助翁によって設立されました。

  満34歳で衆議院議員となり、この時出会った犬養毅翁の薫陶が

  中国文化への認識を深めさせ、古印などの収集をはじめることとなりました。

  有鄰館という名前は、

  「徳は孤ならず必ず鄰有り」と中国との善隣と友好を願って

  「論語」より名付けられました。

  殷より清に至る約4000年間の芸術性の高い中国文化の

  青銅器、仏像彫刻、陶磁器、磚石、印璽、書蹟、絵画などの見学ができます。・・・・

などなど 沿革に書いてありました。

こまとら



でも見学ができる日は

1月、8月を除く毎月第1、第3日曜日の正午~午後3時半まで。

と、かなり限定されてます。

・・・入館料  大人/¥1,000・・・もちょっと高い目です。  

場所は


大きな地図で見る
   

〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町44番地
075-761-0638



御存じの方、いらっしゃいますか?


人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしくお願いしますネ♪
1日1回 ポチありがとう♪
応援バナー人気ブログランキングを見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー