桜と清水寺・・・♪

皆さまこんにちは^^ きょうから新年度ですね♪

今年は開花が遅れていた桜もようやくきれいに咲きはじめています。

さんねんさか1

昨日の産寧坂に咲いていた桜です。

しだれ桜が満開で、桜の周りは混みこみです。

さんねんさか2

この桜は清水寺のお参りの帰り道で出会った様子です。

では、京都市を訪れた観光客の中で最も人気のある

世界遺産の清水寺の昨日の景色を紹介します。

東大路通から清水寺までの約1kmの坂道「清水坂」を

ゆっくり歩くと20分ほどかかりました。

きよみずさか

道の両側には観光客向けのみやげ物店などが軒を連ねている

辺りは平日でも賑わってます。

清水寺の正門で、幅約10m、棟高約14m、の"仁王門"が見えてきました。

におうもん

鮮やかな丹塗りと花がとても綺麗です♪

におもんはな

応仁の乱で焼失後、15世紀末に再建され、平成15年に解体修理されています。

左手に馬駐(うまとどめ)があります。

うまとどめ

貴族や武士はここに馬を繋いで参拝していたのですね。

土の山をここまで馬と共に来たことを想像できる場所です(o ̄ー ̄o) ムフフ。。oO

同時に五頭の馬を繋ぐことができる全国的に希少な遺構だそうです。

仁王門の右手奥には"西門"と"三重塔"があります。

さいもんさんじゅう

"西門"は1631年に再建のもの。

さいもん1

と書いてますが華やかな金箔飾りや極彩色の文様が描かれています。

さいもん2

桃山時代は彫刻も華やかですね。

西門の奥に見えるのが三重塔です。

さんじゅうのとう1

三重塔としては日本最大級の高さ約31mです。

1632年に再建された三重塔を昭和62年(1987)に解体修理したものです。

さんじゅうとう2

京都東山のシンボルと言われているのが良くわかります。

各層の屋根の四隅の鬼瓦の内、

東南角だけは各層ともの鬼瓦になってます。

人々がとても火災を恐れていたことが、うかがえ水の神である龍神

を置いたといわれています。

近くまで行ったら見てくださいね!

「清水の舞台」は明日のブログでね

人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしくお願いしますネ♪
1日1回 ポチありがとう♪
応援バナー人気ブログランキングを見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー