イノシシ歳生まれの方必見・・・摩利支尊天堂♪

建仁寺の南側出口の方を歩いてると

「うり坊を探せ」の矢印があって

ガレージを通り過ぎ外に出て西に行くと

「あっ、これか」イノシシがいました。

いのしし1

摩利支天堂(まりしてんどう)は建仁寺の塔頭のひとつです。

本尊は摩利支尊天といってインドの軍神(いくさがみ)です。

まりし

「摩利支」は威光、陽炎(かげろう)が神格化した古代インドの女神。

現在では三つの顔と六本の腕を持ち七頭のイノシシに坐すお姿から、

開運・勝利の利益の神様です。

いのしし2

摩利支尊天がイノシシに乗って現れることから、境内には至る所、

狛イノシシがいっぱい。

いのしし3

特に猪年生れの人々には守り本尊として信仰されていそうです。

堂宇は天文の兵火で焼かれ、同16年(1547年)織田信長の父、

信秀が再建しました。

いのしし4

近年では平成7年に屋根部分の大改修が加えられました。

イノシシ歳生まれのかたは一度、

珍しい狛亥のいる建仁寺の摩利支天堂へ

人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしくお願いしますネ♪
1日1回 ポチありがとう♪
応援バナー人気ブログランキングを見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー