二尊院・・・♪

嵐電で嵐山駅下車 北にどんどん歩いて約15分

竹の道を通って 現れるのが二尊院です。


竹の道 

嵯峨天皇の勅願により円仁が建てた天台宗の

お寺と言われております。


道しるべ 

二尊院の名称のゆかりはなんと本尊が

「釈迦如来像」と「阿弥陀如来像」の二尊を祀られています。

これは全国にただ一つこちらだけのようです。


看板 

これは極楽浄土を目指す私たちを こちらの世界から

あの世に送る釈迦と 彼岸へと迎える

阿弥陀の遣迎二尊(けんごうにそん)です。


ハス 

送ってもらい迎えにきてもらえる ありがたい

システムですね。

この教えは中国から伝わり 法然上人に受け継がれました。

そのことより現在 二尊院は

「法然上人二十五霊場第十七番札所」となっています。


薬医門 

総門は豪商 角倉了以が伏見城の薬医門を移築したものです。


紅葉の馬場 

総門を進むと この青もみじの様子を見て分かるように秋は

紅葉の名所として賑わっております。


銅像 

そして「水運の父」とも呼ばれ 木屋町を流れる高瀬川を

作った角倉了以の銅像が建てられています。

角倉了以はお医者さんでもあり 嵯峨出身の人物です。


鳳凰 

海外貿易でも 豊臣秀吉の朱印船に加わり莫大な富を得て

徳川家康に天下が移ると

今度は京都の西を流れる保津川を使い

大堰川を作り搬送船を通しました。


角倉家墓 
           角倉家墓


人馬で物資を運ぶより仕事が捗るようになり

江戸年間を通じて利用された続けました。

二尊院には「角倉家」の墓があります。


階段 

他にも旧摂関家の二条家・鷹司家・三条家・四条家

香道の創始家でもある三条西家の菩提寺でもあります。


本殿 

本堂は京都御所の紫宸殿を模したもので

内陣も内裏のお内仏(ないぶつ)と同様に造られていて

京都市指定文化財に指定されています。


小倉山 

二尊院は小倉百人一首で名高い 小倉山の麓にあって

藤原定家が小倉百人一首を選定した場所である「時雨亭跡」

がこちらです。

時雨殿跡 


藤原定家の歌である


軒端の松 

「忍ばれむ 物ともなしに 小倉山 軒端の松ぞ なれてひさしき」の

軒端の松(のきばのまつ)もございます。

嵐山駅周りは観光客で賑わっていますが 少し奥に建つ二尊院は

とても静かでゆっくりできるお寺です





スポンサーサイト
プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー