お茶の京都博・・・♪

2017年は「お茶の京都博」が開催され 宇治茶の

歴史や文化に触れるチャンスが一杯あります。

5月7日に「上狛茶問屋街」に行ってまいりました。


上狛駅 

上狛は淀川へ通じる木津川の水運の要所で

京都・奈良・伊賀を結ぶ陸路も交差したところです。

そこでお茶の集散地として栄えたのですね。


街並み1 

室町時代には荘園の役人から有力者にのしあがった

狛氏の邸宅跡とみられる敷地の中には

「狛どんの井戸」と呼ばれる大井戸があります。


井戸 

この井戸は今も生活用水に使われています。

600年も使われてきた井戸ってすごいですね。

こちらは古い農協倉庫で1940年頃の建築です。


倉庫 

土壁の上部が黒っぽいのは 戦時中

敵機の標的にならないよう 黒く塗った

名残のようです。

歴史を感じるこの倉庫は イベントなどに

利用されている人気の空間になっているようです。


福寿園1 

老舗の「福寿園」は1790年に創業。

本社棟や製茶工場や資料館などが立ち並び

茶問屋街ならではの景観です。


資料館 

この日は日曜日で工場はお休みでしたが

平日はお茶のイイ香りが漂っているようです。


緑寿園 

昭和5年(1930)に建てられた緑寿園は

雨樋も見事で 堅樋の根本が「茶つぼ」の形に

なっています。


茶壺 

ペットボトルのお茶「伊右衛門」でも有名な

屋号「イ」が刻まれています。

こちらの建物の横に 山城茶業之碑 が

山城茶の歴史を記念し 建立されました。


石碑 

木津川の堤防近くには泉橋寺があります。

なんと 奈良時代の僧・行基が建立した泉橋院です。


泉橋寺 

洪水で人が渡れない時などは 旅人や病人を

滞在させたようです。

心の優しさが感じとれるお話ですね。


石仏 

その門の横には巨大な地蔵菩薩座像(鎌倉時代)

がいらっしゃいます。

高さ4.6mで坐像の石地蔵では日本一だそうです。

木津川の方を向いて 川を利用する人々の

安全を今も見守っていらっしゃいます。


CHA 

本日のメインイベントはお茶摘みと

挽臼体験です。


ちゃつぼ 

福寿園CHA遊学パークに行ってまいりました。

とても広い施設でお茶の始まりからの

お勉強もできます。


映像室 

世界のお茶の紹介もあります。

挽臼で甜茶を曳いてお抹茶を作り

それを自分で点てていただきます。


挽臼 

あ~おいしい~♪


ちゃ 

新茶を摘みも体験。


茶摘み 

特別にこの日は お茶の葉っぱを天ぷらにして

いただきました。


天ぷら 

抹茶塩を少しつけていただきました。

美味しかった



スポンサーサイト
プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー