大阪市中央公会堂の30分館内ガイドツアー・・・♪

大阪市中央公会堂の30分館内ガイドツアーに行って

まいりました。


南から 

地下鉄 淀屋橋からすぐのところにある 大正7年竣工の

レンガ作造りの近代建築の洋館です。

来年 100周年を迎えます。


正面ひき 

竣工以来 80年余りにわたって オペラやコンサート

著名人の講演会などが行われてきました。

その後老朽化が進んだことから 約4年間の 再生工事を

経て 再び市民の活動の拠点になっています。


横から 

古い建築物に高い耐震性を与える「免震レトロフィット」

が施されています。

歴史的建築物として極めて 高い評価を受けている 大阪中央公会堂は

公会堂建築物として西日本で初めて 国の重要文化財に

指定されました。


窓から 

この建物は 株式仲買人である岩本栄之助が公会堂建設費として

当時の100万円を寄付したことにより建設がはじまりました。

当時の100万円は現在の価値で 100億円といわれています。

胸像 


設計は当時としては めずらしい コンペが行なわれ 岡田信一郎の案が

1位となりその原案に基づいて 辰野金吾が建築顧問を行いました。

正面のドーム型屋根の上にある2人の神像は小さく見えますが

1.7mの高さがあります。


どーむ 

ギリシャ・ローマの神話に出てくる神様で左が商いの神「メルキュール」

右が科学工芸平和の神「ミネルバ」です。


ミネルバ 

今回はいくつかある部屋のなかで 特別室をご案内

していただきました。


部屋全体 

こちらの部屋は 建築当時 市長が賓客をもてなす 貴賓室と

して使用されていました。

天井には 日本神話の中から「天地開闢(てんちかいびゃく)」

のシーンが描かれています。


伊弉諾尊 

伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)が

国づくりのため 天つ神より天沼矛(あめのぬほこ)を授かる瞬間です。


あまつかみ 

南壁画の中央の人物は工業の神 太玉命(ふとたまのみこと)


素戔嗚尊 

北壁画の中央の人物は商売の神 素戔嗚尊(すさのおのみこと)


すさのお 

壁には仁徳天皇が描かれています。

仁徳天皇は 難波に都を定め 人家のかまど から炊煙が立ち上って

いないことに気づいて3年間租税を免除。


仁徳天皇 

その間は倹約のために宮殿の屋根の茅さえ葺き替えなかった。と

言う記紀の逸話が描かれています。


木工象嵌 

扉の模様も 色の異なる木を埋め込んだ 木工象嵌で

描かれています。


カーテン 

カーテンは新調されてものですが 当初の資料を基に

正確に復元したものです。


ステンドグラス 

ステンドグラスには鳳凰と大阪市の市標みおつくし。

床 

床は大きな大理石に細い溝を彫り タイルを敷いたように

見せています。

とても素敵なこちらの部屋も お借りして使うことができます。




スポンサーサイト
プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
12 ≪│2017/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー