国宝 石清水八幡宮・・・♪

京都府八幡市の男山に鎮座する石清水八幡宮が2016年2月9日

正式に国宝指定されました。

看板


指定されたエリアは本殿・摂社武内社本殿・瑞籬(みずがき)・

幣殿及び舞殿・楼門・東門・西門・廻廊3棟及び附(つけたり)・棟札3枚。

とても めでたいことですね。

神官

これを機会に もっと多くの方に 参っていただこうと

神官の皆様も気合が入っていらしゃると思います(^^)/

アクセスは京都駅からですと近鉄電車「丹波橋駅」で京阪電車に

乗り換え「八幡市駅」~男山ケーブル「男山山上駅」

地図

今回はケーブルに乗らないで一ノ鳥居スタートで史跡を

見ながら500段の石階段がある裏参道から本殿にいきました。

健脚コースなのでいきなり疲れてしまいました。

石段

一ノ鳥居のに掛かる 紺地に金文字で「八幡宮」と書かれた額は

松花堂昭乗が元和5(1619)年 行成筆跡の通りに書写したものです。

扁額


「八」の字は 八幡大神様の神使である鳩が向かい合い顔だけを

外に向けた独特のデザインとなっています。

頓宮


頓宮は年に一度重儀が斎行される社殿。「平成の大修造」事業に

おいて桧皮葺屋根から銅板葺屋根に葺き替えられました。

まつ


源頼朝が鎌倉から持参した松の苗木を当地に植えたものですが

昭和22年 落雷により焼失されてしまいました。現在の「頼朝松」

は昭和30年に奉納された2代目です。

養生


3年前の大雨の被害で土砂崩れがあり大変なことになった

エリアです。

やま


地形を現状のまま緑が自然に復活するのを待っているところです。

神官のお話を聞きながら45分ほどかけてやっと山頂にたどりつき

ました。

山頂


そして書院で古地図をみながら八幡さんの歴史のお話。

古地図


書院には重森三玲により昭和27年に作られた石庭があります。

石庭


写真には載っていませんが石庭の東南の角には

鎌倉期の石灯籠が配置されており当宮にある450基ほどの

石灯籠のなかで唯一 国の重要文化財に指定。

灯籠


お食事はやはり松花堂昭乗ゆかりの松花堂弁当です。

弁当

食後のお菓子は 名物 走井餅。


南門


この南総門を開けるとライトアップされた本殿が現れます。

ドンドンドンと太鼓を鳴らし迎えて頂きました。

本殿1


社殿が少し西側を向いているは 御神前にて参拝したのち帰る際

に 八幡大神様に対して真正面に背を向けないよう中心を外して

いるといわれています。


本殿2

あと写真には撮れない本殿の内側のお宝がやはり素晴らしかった

です♪

はと


御本殿を囲む瑞籬の極彩色の欄間彫刻や

織田信長公寄進の通称「黄金の雨樋」

琵琶の木にぶらさがり木の実をくわえる一匹の猿の彫刻

などなど・・いろいろ



スポンサーサイト
プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
02 ≪│2016/03│≫ 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー