鞍馬の火祭・・・♪

10月22日 夜の6時から鞍馬の火祭があります。

午前中は 時代祭りの神幸祭と行在所祭をみて

昼過ぎから 叡山電鉄で鞍馬へ GO~


日の丸


火祭りは鞍馬にある 由岐神社の例祭で 天慶3年(940)

世の中の平安を願って京都御所にまつられていた

由岐大明神を鞍馬の地に移しました。


てんぐ


御遷宮のときには 村人たちが松明を持ち 道々に

かがり火を焚き迎えました。

鉾を先頭に その行列は約1kmにも及び

天皇自らの国家的一大儀式でありました。


鞍馬寺前

この儀式と由岐神社の霊源を後世に伝え守って

きたのが鞍馬の住民です。

家族・親戚・知り合い総出の一大イベントです。

なわ



鞍馬では「1年は13ヶ月」といわれ

祭礼を迎えるために1ヶ月多く働いて

祭礼の準備に充てると言われているほど

火祭りに対する思い入れは格別なものがあります。


ちゃせん


祭に欠かせない松明は早くから準備されます。

材料の柴はツツジの小枝で6月頃 山で刈り採られます。

松明は藤の極太の根で縛られます。


4松明


絶対に緩まない 特別な縛り方も後世に伝えていきます。

松明の大きなものは4mで重さも100キロを超えます。

幼児の持つ松明はトックリと呼ばれています。


よろい


鞍馬の七仲間という氏神祭祀の実権を手にする組織があり

その家で代々受け継がれ守られています。

祭で使うお道具も仲間の会所に祀られます。


ほこ


さば街道と呼ばれていた鞍馬街道

祭の定番の食事はやはり「鯖寿司」のようです。

22日の朝9時からは由岐神社で 神幸祭があります。


みこし


ご神体を神輿に移し 鞍馬寺三門前の石段を上がったところに

祀られます。

この場所は クライマックスシーンの松明が集合する

ところです。


チョッペンの儀


そしてその後にある「チョッペンの儀」が行われるところです。

それを見るために来たのですが・・・

実際 夜の6時に「神事にまいらっしゃーれ」の


神主


神事ぶれで祭りが始まると

一方通行で決められたコースをどんどん歩かされます。

見たいところでジッとすることはできません。


一方通行


ゆっくり写真を撮ることもできません。

この祭りを見に来た6000人の方々すべてに少しでも

見ていただくため 動きたくなくても


とっくり


どんどん押し出されます~

祭の様子が見えない裏側まできたときには

大型スクリーンに実況中継で映し出して欲しい~


大とっくり


って感じです。

地元以外の観光で来ている方は 外人さんの方が


とおい


多かったような気がします。

叡山電鉄の最終は夜の12時1分でした。


外人

女性が引くと安産のお守りになるという神輿につながれた手綱をひく旅行者

京都に来て楽しんでもらえたかなぁ~


おたびしょ


私たちはここから車で30分位の花脊にある

翠峰荘に泊まりました。


翠峰荘


12時が過ぎても終わらない祭りを見るのは至難の業です~

でも 良かった~♪ 

地元の方々の熱気を感じることができました


スポンサーサイト
プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
09 ≪│2015/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー