宝厳院の書院・・・♪

40回記念 京の夏の旅で特別拝観できる 天龍寺塔頭の

宝厳院に行って参りました。


入り口


公開は9月30日までです。

しっとりした苔が美しく いつも綺麗にお手入れの行き届いた


石ころ


回遊式庭園は 春は桜 秋には紅葉がもちろん素晴らしい

のですが

夏に来ても可愛らしいお花が咲いています。


なでしこ


江戸後期の京都名園案内 秋里籬島(あきざとりとう)が描いた

『都林泉名勝図会』にも紹介されているようです。

京都の庭園や茶亭などを142の写生図によって紹介しています。


苔


金閣寺・東福寺・清水寺・妙心寺など名勝を詳細に紹介されて

います。

今回のお目当ては書院です。

書院


何回か訪れていますが いつもは公開されていなかったように

思います。


書院1


書院とは、床の間の脇にある机と障子で構成されたコーナーをさします。

もともとは僧侶や貴族などの書斎として設けられたものです。


正面


こちらの建物は日本郵船の重役であった林民雄氏が別荘として建てた

大正期の見事な数寄屋建築の書院です。

大きく作られた窓から庭の眺めを楽しむことができます。


獅子吼


ガラス窓も昔のものが保存されていて 景色がゆらゆら

いびつに見えるところが特徴です。

林民雄氏は今のJTBの立ち上げにも参画したされた方のようです。


庭師


「郵船100年史」に林民雄氏 大正6年専務を最後に退職。

の記事が残っています。


井戸


こちらの書院から立ってお庭を眺めるのもいいけど

できるなら部屋の真ん中で 手足を伸ばして

ゴロンと寝ながら静かな緑をゆっくり眺めていたいと

感じるところでした。


スポンサーサイト
プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
07 ≪│2015/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー