大悲閣千光寺・・・♪

大悲閣千光寺に行って参りました。

場所は嵐山 渡月橋の西南側にあるモンキーパーク入り口を通り過ぎ

まだまだ西へと山に向かって川沿いを歩きます。


スタート


大堰川では保津川遊船も見ることができます。

橋から歩いて20分位と聞いていましたが もっとかかります。


かわ


大悲閣千光寺とは・・・

慶長11年(1606)に保津川開削に成功した角倉了以が

同19年に大堰川を開削する工事で亡くなった人々を弔うために


いしだん


嵯峨の中院にあった千光寺を現在地に移転させ 建立しました。

角倉了以とは・・・

江戸時代の徳川家康が将軍を務めていた時の 京都の豪商です。


入り口


角倉家は代々お医者さんをされていました。

裕福だったので その傍ら 質屋もされていたようです。

角倉了以は豊臣秀吉の朱印船に加わり ベトナムと貿易して

莫大な富を得たようです。


もん


家康が江戸幕府を開いて3年後には保津川を開削して

嵯峨までの舟運に関する権利を得ることになりました。


観音堂


そのことにより丹波地方の農作物は簡単に運ばれ

嵯峨近辺は商人の往来が多くなり発展しました。

そして材木も筏で運送されるようになり大変便利になりました。


懸崖


その後 方広寺大仏殿再建のためにおこなった

高瀬川の開削では淀川の上流で調達した木材を筏にくみ

鴨川を遡って京の三条まで運び込むことが可能になりました。


へや


高瀬川開発には 了以の息子素庵[そあん]も協力しました。

大悲閣千光寺は 河川開墾工事に協力した人々の菩提を弔うため

建設されたものです。


ひえいざん


ここからは京都の市内が一望することができます。

嵐山から見る 比叡山も絶景です。

向かいから



外人さんのツアー客の方が 日本人より多いようです。

この日も十数人のツアー客をお抹茶で接待されていました


スポンサーサイト
プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
08 ≪│2014/09│≫ 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー